店主よもやま話 雑感 十一


------------------------------------------
12月8日


 火曜日に3kmを六分ペースで走り、水曜日は手話サークルのあとOH氏の伴走で8km、木曜日に「手話サークルの部屋使用許可願い」に「Ⅹマスパーティの参加費確認」や「通訳介助のバスの時刻表確認」などで、楚辺南→与儀→安里→国際通り→商工中金前バス停→那覇バスターミナル→ロコアナハホテル→旭橋→壷川と10kmあまり…さらに九日は読谷村、十日が国際通りと連日の通訳介助で、十一日〈NAHAマラソンの夕べ〉でロアジールホテル、十四日が南風原の訪問通訳介助、十五日がロープランナー川田氏主宰の「だいこんの花」飲み会…と、いかにも年末らしい〈私走(しわす)〉である。


------------------------------------------
12月4日


 収容バスで奥武山公園のベースキャンプへ戻り、県立武道館でシャワー浴び、午後五時半過ぎに打ち上げ会場へ移動…そして六時から懇親会が始まったが、生ビールとつまみ類に手を付けてまもなく、SK氏が「目眩がする」と言いだし、体を抱えてトイレへ。

 SK氏の奥さんや通訳介助のパートナーなどと相談して、引き揚げたほうがよさそうと判断し、午後三時から依頼された通訳介助は午後七時十分に終了。

 突然SK氏の伴走を押し付けられたUD氏は、「第二関門で終わって、正直ホッとしました」と言ったが、夜中に左の脹脛の筋が二度ほどつり、「この足で、残り8kmを走り切れたかどうか?」と。


------------------------------------------
12月3日


〈第三十三回NAHAマラソン〉は九時スタートで、二分後にスターターの「城間市長と比嘉大吾氏」の前を通過し、5km地点でMSISペアを追い越し、その後もSK氏と七分ペースで快調に…ところが具志頭交差点の手前17.5kmあたりで、左太ももに痙攣が起こり…万事休す!

 18kmあたりで見つけた、伴ネットのUD氏に〈伴走ビブス〉を渡し、「必ず行くから」と二人を見送ったあと、20km地点の〈仲座〉でコースアウトして、250号線→54号線を走ったり歩いたりして照屋・西崎方面へ。

 31km地点で、331号線のマラソンコースへ到着し、33kmあたりで二人を発見。

 さっそくUD氏と伴走を交代したが、第二関門の〈制限時間〉まで残りわずかで、まもなくカウントダウンが始まり…豊見城市役所の手前100m足らずで、あえなくタイムアップ。


------------------------------------------
12月1日


 水曜日のランニング後、午後六時から〈ほしぞら会館まつり〉の実行委員会へ出席し、帰りに名古屋からNAHAマラソン参戦予定のNW氏と生ビールと日本酒を二杯。

 大会終了後の「打ち上げ」に誘い、さっさと帰宅したが…翌日、朝から風邪気味で腹痛もあり、ジキニンと座・ガードを服用したが、「なんとしてでも治さねば、翌日の42.195kmの長丁場に支障をきたしかねん」と、夕方からの飲み会を断った。


------------------------------------------
11月25日


 いやはや忙しい…というわけで、目立たなくて地味なFBの更新どころか、数少ないお友達への「いいね♪」もできなかったりだが、日曜日の「伴ネット練習会10kmラン」も十時までに南風原へ行かねばならず、八日後に迫った〈NAHAマラソン〉の走り込み不足は否めない。

 二月の〈東京マラソン〉で、23、4km地点まで六分ペースで走ったのが最長なのだ。

 で、晩飯は「朝釣りの22cmのチン(本土ではクロダイと呼ぶ!)とコトヒキ、そして21cmのチンのアクアパッア」で、白ワインで一杯…いや。釣りと飲む時間は、アインシュタインの飯をズラしたりして、つまり〈別時〉ってことかも♪


------------------------------------------
11月19日


 日曜日は〈中部トリムマラソン〉だったが、KJ氏と奥武山公園で自主トレ…六分半ペースで9.5kmを走り、終了後はスーパーで買った発泡酒や柿の種などに、〈離島フェア〉の泡盛試飲と蒲鉾やミジュ漬などでワイワイ♪

 ただし、弱視のKJ氏が「じつは右目が義眼で…」と言われたときは、ショックだった。

 弟のヒサオほか、元部下のヒロシ、バーテンダーのFKなど、周りに隻眼の人間が何人かいたが…今はロープランナーはもちろん、盲ろう者など…自分ができることをやるだけ、それだけじゃ。」


------------------------------------------
11月15日


「一匹見つけたら、猫蚤は百匹はいる」とネットにあったが、年に一回のワクチンの際に、ペットクリニックの医師から「ティッシュに包んで持ってこられたのは蚤の糞で、アインくんの体にいますよ…」と。

 駆除用の薬を処方され、板の間で蠢くやつをプチプチと、およそ二週間で百四十匹以上を両手の爪の背中で潰し…「二ヵ月くらいでいなくなるはず」だが、アインの毛の中で繁殖してると思うと身の毛がよだつわい。


------------------------------------------
11月14日


 火曜日の午前十一時に雨が上がり、曇天で「十時十八分〈干潮〉の「上げ三分は十一時四十八分で、釣りには最高…」と、十一時四十分に第一投。

 同四十六分に小ぶりの〈チン〉を釣り、十二時過ぎに二十二センチの〈ガーラ〉、沖縄では銀色で平べったい魚をなんでもガーラと呼ぶが、釣ったのはロウニンアジの子供で、三十センチオーバーかと思わせるほど引いたのだが…同二十分に、沖縄でガクガクと呼ぶ二十七センチの〈ホシミゾイサキ〉をゲット!

 餌の残りのオキアミが傷まないよう、すぐに納竿し…あとは次回のお楽しみ♪」


------------------------------------------
11月11日


  十一日(日)のFBと〈よもやま話〉へ。「日曜日の半ネット練習会は「30.7kmラン」だったが、十一時から通訳介助依頼があり、奥武山公園→漫湖公園→爬龍橋→那覇葬祭会館ホール・給水→仲井真→津崋山バイパス→南風原インター交差点まで7.2km。

 コンビニでトイレ・給水を済ませ、NAHAマラソンコースを逆走して津嘉山→仲井真→那覇葬祭会館ホールまで4.1km、計11.3kmで終了。

 来週は〈中部トリムマラソン〉だが、参加予定はなく、可能であれば「ピンで30kmラン」を…と。


------------------------------------------
11月10日


 KYさんから尚巴志マラソンの労いと、金曜日の伴走はナシとの連絡が入った。

 そこで十二日(日)の「伴ネット練習会30km走」のために、楚辺→与儀→市民会館通り→光明寺→識名園→南部医療センター→上間→真玉橋…の予定だったが、識名園のつもりが〈識名霊園〉に出て、その後繁多川界隈で迷いまくり、松川二丁目→寒川緑地→金城町の石畳前と、予期せぬ方角へ。

 そこでUターンし、松川→安里十字路→ひめゆり通り→与儀公園まで、計15.5kmを一時間三十四分で。

 距離的には問題ナシだったが、帰宅後「12日(日)の午前十一時から通訳介助依頼」が入っており、30kmの完走は不可だが…どこでどう間違ったら、南から北へ向かうのだろうか?


------------------------------------------
11月8日


 手話サークルの勉強会終了後、役員会で〈赤い羽根共同募金〉後の忘年会の会場を、新しい場所に決めた。

 盲ろう者などのために、最低減パーティションで仕切られれば…と、半個室で三十人のキャパがあるらしい。とりあえず二十六人で予約したが、デザートや飲み物付きバイキング形式で@¥1,620、割引券が使えるならマズマズだろう。

 午後からのOHさんの伴走は、「疲れすぎで走れません」と連絡が入り、ピン走で「楚辺南→爬龍橋→とよみ大橋→那覇大橋→奥武山公園外周→58号Uターン→セルラースタジアム3/4周→周回コース→北明治橋→マックスバリュまで、10km弱を五十七分」で。

 走れるときに走っておく、伴走者として当然のことである…なんちゃって♪


------------------------------------------
11月7日


 釣り場で知り合い、二年足らずの付き合いった沖縄出身のTK氏が亡くなったのは、昨年の十月二十二日。

 茨木出身の奥さんと、自宅をそのままにして戻り…自宅前で三度ほど会ったり、亡くなる前に病院へ見舞ったが、「体調が落ち着いたら、また釣り場で会いましょう」と声をかけたのが最後になった。

 およそ一年二ヵ月ぶりの釣果は、コトヒキ、小ぶりのフエダイ、ガーラの三匹だったが、ひょっこり顔を出しそうで、彼の定位置だった場所ばかり見ていた。

 何度も「一杯飲りましょう」と誘われたが、〈肝硬変〉で黄疸などの症状が出ていて、二つ返事というわけにいかなかった…が、「今晩は三匹を肴に付き合いますよ、TKさん♪」と。


------------------------------------------
11月6日


 覆水盆に返らず。それよりSK氏から伴走を依頼されてる〈NAHAマラソン〉まで一か月足らず、「1kmのラップ六分半ペースで走りきれる体に戻さなければならん!」…と、午後三時過ぎから楚辺南→古波蔵→新那覇大橋→とよみ大橋→爬龍橋往復→真玉橋→〈釣り道具屋〉まで、4.5km。釣り餌用の〈オキアミ〉を買い、さらに古波蔵りうぼう店まで、六分三十秒ペースで、計5.5kmを。

 本番で、年齢はやむをえないとしても、走り込み不足などと言い訳はできん。


------------------------------------------
11月5日

 午前九時に号砲と花火が上がり、『第16回尚巴志マラソン』の幕が開いた。九千人余りの参加で、ゼッケン七千番台はスタート地点まで六分…およそ八分半ペースで、5km先の新里ビラへ。

 坂の途中からOHさんと二人の伴走者と、10km過ぎまで抜きつ抜かれつのデッドヒート(?)で、「この調子なら13km〈関門〉を二組ともクリア♪」と思われたのだが、ニライカナイ橋の手前で〈最後尾車〉とミニパトに「一般車両の通行解除になるので歩道へ」と煽られながら制限時間の「午前十一時」になり、13km地点到着は九分遅れで、あえなく収容バスへ。

 シュガーホールのベースキャンプへ戻り、KYさんは「おかげさまで13kmまで走れたから」と発泡酒をごちそうになり、OHさんは「渡邊さんに申し訳ない」と小さな声で乾杯…そして漫湖公園走友会のメンバーが、「残念でしたけど、皆さんわかってますから…」と目頭を手で覆った。

 思わずもらい泣きしそうになったが、名コーチなら「もっとセーブさせて、二人とも関門をクリアさせられたかもしれない」と。


------------------------------------------
11月3日

 午前六時に目覚ましを合わせ、同半に昆布納豆ご飯で朝飯、古新聞を出し、四十五分にアインシュタインの朝飯を用意。

 七時の待ち合わせで、KYさんの伴走…八分二十秒、八分ペースで3kmずつ、計6km。

 これで〈尚巴志マラソン〉に合わせて、二人のためにできるだけのことはやった。


------------------------------------------
11月1日

 手話サークルで、観光協会のKH氏を〈見学者〉として隣に座らせ、終了後に講師のKTさんと手話通訳を頼んだMTさんの四人で打ち合わせ。

 KTさんとKYさんに引き受けてもらえるなら、文句なしだが…三時からOHさんの伴走で、2kmずつ八分四十五秒、八分三十秒、七分ちょっとで計6km。


------------------------------------------

※これまでのよもやま話へは、<次のページ>で移動できます。

[PR]
店主よもやま話 雑感 十一月
# by mitsu-akiw | 2017-11-06 17:23 | 店主よもやま話 | Comments(0)